MENU

 時を同じくして、mixiの独身女性SNSを使っていたのですが、そこで知り合った30代の女性と楽しく会話をしていたときの事でした。
現在37歳のその独身女性は、愛人という関係を作ることに成功したと話てきたのです。
愛人バンクの記事で凄く気になっていた状態でしたから、彼女の話には思いっきり食いついてしまいました。
何でも愛人募集で知り合った40代のIT会社の40代の社長と良い関係を作って、毎月50万円ほどの支給を受けられていると言うものだったのです。
「自分の職場で知り合ったの?」
「違うよ、インターネットを利用して知り合うことができた相手なんだけどね。
本当にいい人を見つけられたって思ってるよ」
「私もそういう関係に最近凄く興味を持っちゃって、知り合う方法ないかなっていつも思ってたんだよね」
「そうなんだ、やっぱりこういう関係だから匿名性の高いインターネットは利用価値が高いと思うよ」
「そうだよね、やっぱりインターネットだったらこういう人も気軽に見つけられるよね」
インターネットというのは匿名性も高いし、周囲にこのような関係を求めている事が発覚することなく相手と接触することができます。
特に女性はこの部分は気になってしまうので、インターネットを使うのは利にかなった方法でやるのは間違いがありませんでした。
独身女性SNSで知り合ったこの女性も、インターネットを使うことで無事に相手を見つけられたのです。
「愛人募集掲示板とか使ってみようかな?って思っていたんだ」
そう私が話した時の事だったのです。
「そういう奴は絶対利用しないほうがいいんだよ」

このように言われてしまいました。
無料で気軽に相手を探すことができるし、気軽さも手伝って男性だって多く利用しているのは間違いがありませんでした。
なのに、なんで使ってはいけないのか?不思議でしかたありませんでした。